高齢者の手の震えの原因と止める方法とは

自分の意思ではどうにもならないこと・症状が増えてくることも
加齢による、身体機能機能の低下の典型的なものになります。

典型的な症状としては、

  • 朝早過ぎる時間に目が覚めてしまう
  • すぐにお腹いっぱいになる
  • 肩コリ・腰痛が起きやすい
  • 夕方になると目が見えにくくなる

といった様々なもが見られますが、これら自体は「病気」「疾患」ではなく
いわば「老化」に伴う、仕方がないものでもあります。

しかしながら「視力の低下」といった、日常生活を送るうえで不便な症状もあり

その中でも「手が震える」症状は、程度の差こそあれ
非常に不便な症状の1つであり、放置することで悪化の一途を辿ります。

基本的には「神経」の障害(劣化)

お年寄りの手が震えていることは、珍しくない現象としてご存知だと思います。

この加齢による、典型的な手の震えは
「本態性振戦(ほんのうせいしんせん)」と呼ばれるものであり
基本的には、「原因不明」であると考えられており

  • 自律神経のバランスの乱れ
  • 血流の改善のための自発現象

といった、様々なものが要因として考えられています。

極度の緊張の際に、体が震えてしまったり
寒い中で体が勝手に震える症状と、ほとんど同じものであり
「一時的」なものか、「慢性的」なものかという違いになります。

また「手」に限定すれば、珍しい症状ではありませんが
「老人性振戦(ろうじんせいしんせん)」に発展した際には
「唇」といった、顔のパーツの震えも伴うものになります。

典型的な症状の影響

手が震えることが、症状として広く知られる症状
典型的な疾患に「アルコール依存症」が挙げられます。

アルコール依存症は、習慣的な飲酒が大きな要因となるものであり
もちろん、期間が長い程・年をとればとるほどにリスクが増すため
「慣れてきた」中高年以降こそ、注意しなければならないものになります。

こちらは、明らかに神経に障害が出ていることによる反応であり
あらゆる角度から見て危険な症状であり、早急な対処が必要になります。

また非常に珍しい症状にはなりますが、有名人にも多くご存知の方も多い
「震え」を伴う症状に、「パーキンソン病」という疾患が存在します。

こちらはより深刻であり、医療機関による投薬治療が必要になります。
1つの可能性として、知っておきましょう。

震え始めたらどうする?

一般的に、注意していきたい震えの症状は
典型的な「本態性振戦」に近づく症状になります。

年をとったからといって、ある日突然震え始めるというものではなく
中年以降、徐々に震え始めたという方がほとんどになります。

そのため、前兆を感じた時点で少しずつ意識していく必要があります。

自立神経を安らかに保つ

手(体)の慢性的な震えの症状を軽減する方法としては
何より「自立神経」を平穏に保つことを意識しましょう。

基本的には、体中のあらゆる神経の老化現象であり
そう簡単には対策・改善ができないことも多いです。

しかしながら、神経の大本である自律神経が正常でない場合
その他の神経を正常に保つことが、非常に困難になります。

自立神経が乱れてしまう、最も大きな要因は「ストレス」であり
ストレスを避ける・軽減するための、自分なりの方法を見つけておきましょう。

また十分な睡眠をとることは、自律神経を正常に保つうえでも
またストレスを軽減するうえでも、非常に重要になります。

「睡眠」自体が、ストレスの軽減策の1つでもあるのです。

しびれ・震えは「高血圧」や「糖尿病」といった
生活習慣病の数少ない、初期症状の1つであり
また「糖尿病神経障害」等の合併症に伴う症状でもあります。

震えそのものよりも、はるかに深刻な状況に陥っている可能性も考えられ
健康状態のバロメーターとしても、あらゆるパーツの震えの症状は
常に気にしておく必要があるものと考えておきましょう。

「青汁」はなぜ中高年におすすめなのか?

「おじさん・おばさんが毎日飲んでいる健康アイテム」と聞くと
多くの方が真っ先に思い浮かべてしまうはずである「青汁」ですが、
実際に、非常に長い間「中高年の定番」として
正に「ロングセラーアイテム」の地位を気づいています。

昨今では、「酵素」や「水素」といったものが
注目されることが多いですが、やはり「人気」「売上」様々な点において

まだまだ青汁の力というのは、衰えてはいません。

しかしながら、なぜここまで人気があり
今なお、利用者を増やし続けている秘訣は一体何なのでしょうか?

「何となく健康にいい」というイメージがあることは確かですが
実際に、どういったメリットがあるのかを知っている人は少ないはずです。

「長生きと健康の素」をまとめて摂取できる

「苦いものは、体にいい」という、ある種の「イメージ」「思い込み」を
持っている人も多いと思いますが、多くの人がそういったものを持っている

その「刷り込み」をしたものこそが「青汁」になります。

「苦いから、いい」というわけではありませんが
実際に、青汁はその多くが苦いものになります。

と言うのも、

「ドレッシングが、かかっていないサラダ」と同じであり
更に「砂糖」「香料」といった、「飲みやすくするためのもの」も
配合されていないことが、ほとんどであるためです。

「<濃縮された>生野菜を摂取できるだけ」とも考えることができますが
毎日続けることが難しいことであり、それを可能にしたものが青汁になります。

更に「ケール」や「大麦若葉」といった野菜は、「名前だけは」聞いたことがあっても
日常的に、「サラダ」等で摂取することは少ないはずです。

そもそも、これらの野菜の名前に関しても
青汁がきっかけで知ったという人も多いのではないでしょうか?

青汁の主成分である、これらの野菜は貴重であるだけでなく
「苦い野菜が入っているから体にいい」を実現させている成分でもあります。

「腸内環境」と「血液」の質の改善

青汁に含まれる野菜には、「食物繊維」が豊富であり
「便秘解消」等のデトックス効果が根本になります。

この腸内環境の改善は、健康・長生きの鍵であり
大腸の不具合は、体の不具合につながります。

更に、

  • ビタミンC
  • 抗酸化物質

といった、「アンチエイジング」成分も豊富であり
「血液」の浄化を手助けしてくれるものでもあります。

このサイトでも、何度も解説している通り
「腸内環境」と「血液・血管の質」は、そのまま「体年齢」に反映されます。

「青汁は、なぜ体にいいのか?」は、様々なメディアで解説されていますが
結局は、この2つの要素を健全に保つことが「若々しさ」につながりるため
「健康に長生き」するために、最も効率的なアプローチであると言えます。

どれを選べばいいのか迷ったら

どうすれば効果があるものを選べるのか、どの青汁が効果があるのか
判断することができず、「青汁習慣」を始められない人も多いようです。

しかし、正直なことを言えば「どれもそれほど変わりがない」と言えます。

ただし、これは「上位」の青汁に言えることであり

  • 国産野菜
  • 無添加

といったことは「最低限」の条件になります。

これらを満たしているのであれば「自分の好きなもの」で問題ありません。

極端に安いものは、当然要注意になります。

習慣的な継続が大切

いろいろなものを試してみるのも面白く、飽きないための秘訣になりますが
できることであれば、同じものを3~6か月続けることが理想です。

体は徐々に変化していくものであり、
短期間だけで効果がないと、判断してしまうことは時期早々です。

「張り切らず」淡々と、続けてみましょう。

最近では「効果を損なわずに飲みやすく」といった
若年層、ダイエットを目的とした方への青汁も、複数の種類が販売されており
「おじさん・おばさんだけのもの」ではなくなってきているようです。

また「液状」とは限らず、どうしても「緑の液体」に抵抗がある方のために
「ジュレ」といったお菓子感覚で摂取できる等、工夫されたアイテムあります。

結果的、健康やダイエットといった要素に効果が見込めることは
どんな形であっても変わりなく、やはり「続ける」ことが何より大切になります。

特に女性は綺麗になることで自信が沸き(戻り)、
前向きになるということは、心身の健康につながる何よりのことです。

>>「ポケットワーク」の求人情報

「物忘れ」が起きる仕組みと認知症との違い

「年をとったな・・・」と、思わす感じてしまう代表的な症状として
「物忘れをすることが増えた」ということがあります。

「ちょっとした忘れ物」が増えたり、自分で決めたはずのスケジュールを忘れしまったりと
ちょっとした・ささいなことでも、頻繁にやってしまうことで
「最近多いな」と思い始めるタイミングがやって来ることになります。

「老化の代名詞」とも言うことが出来る、この「物忘れ」ですが
そもそもなぜ、年をとると「忘れやすくなる」のか?
その仕組みを知っておくことで、余計な不安から解放されることもあります。

劣化と加齢の両方が引き起こす

年をとることによって物忘れが増えるのと同時に、「覚える」といったことが苦手になってきます。

いずれにしても「覚えておく」機能が劣化していることになります。
これらの原因としては、基本的には「脳」の一部である
「海馬」と呼ばれる「記憶」に関わる部分の劣化です。

そもそも「脳」に関しても、体と同じく
「着実に」劣化していくことは仕方がないことです。

具体的には「細胞」特に「神経細胞(伝達物質)」と呼ばれるものが減少し、反応が鈍くなります。

特に海馬は「記憶の一時保存」のための組織であり、
「ちょっとしたこと」ほど忘れやすくなるのです。

そしてこの「機能の劣化」と共に、「容量オーバー」という考え方もあることを紹介しておきます。

「容量の限界」と「コピー機能の衰え」

海馬という組織は、非常に小さなものです。

その海馬に「しまっておくことができる量」
パソコンのメモリで言えば「容量」に限界があるのではないか
その容量を超え始めると、記憶しておけない・漏れやすくなる
つまり「長く生きていればいるほど忘れやすい」という仮説もあります。

もちろん「容量自体」が減少していることも、大きな要因です。

そして更に、一時保存した記憶を更に奥にしまっておくための
「コピー機能」に関しても、劣化してくるため
「新しく覚える」という、「記憶の長期保存」も同時に難しくなってくるのです。

悪化すると「認知症」になってしまうの?

物忘れがひどくなってきた人が、まず心配する内容として
「アルツハイマー」と呼ばれることも多い
いわゆる「認知症」の初期症状なのではないかということです。

いわゆる「ボケが始まった」と言われるものです。

結論から述べると・・・

「物忘れ」と「認知症」は、別物です

「全く関係ない」というわけではなく

「認知症」の原因となる物質(体内で異常生成される)と
物忘れに関わっている物質は、関連性が「ある」ことが分かっています。

物忘れは病気ではない

「認知症」とは、脳の病気であり、脳内の神経細胞が死滅していくことで
記憶ができなくなり、更に「覚えていたことを忘れる」症状が出始めます。

しかし物忘れは、病気ではありません。

あくまで、老化・劣化の症状になります。

また「認知症」には、様々な種類があり
「アルツハイマー型認知症」の初期症状として「物忘れ」があり
物忘れの症状が、認知症につながると思われていました。(半分は事実です。)

神経質に悩むのもよくありませんが、症状が「だんだんひどくなっていく」場合には
周囲に相談し経過を見守り、もちろん医師に相談する必要があります。

特に中高年になってくると、自分達の「親の介護」といったことも

頭をかすめるはずであり、すでに「ぼけている」と言われるような

兆候が見られる場合、余計に不安になってしまうはずです。

そして、いずれは自分も・・・

と心配になってしまう人も多いようです。

しかし「改善策」として、その劣化スピードを落としたり
「少し回復」することもできるものであるため、日々取り組んでいくことが大切になります。