更年期に入ると女性はなぜ血圧が高くなるのか?

女性の「更年期」に訪れる特徴的なものとして
「更年期障害」というものがあることは、広く知られています。

そして、その原因が女性ホルモンである
「エストロゲン」によるものだということも
女性を中心に、常識的なことでもあります。

しかし更年期障害の一部の症状は、エストロゲンの減少によってもたらされる
「高血圧」の影響も受けていることは、意外と知られていません。

血管の縮小が血圧を上昇させる

エストロゲンには、元々「血管を広げる」という効果もあり
血管が広がっていることによって、経が刺激され、慢性的に頭痛が起こりやすくります。

慢性的な頭痛の症状を抱えている
また低血圧の人に、女性が多い理由はこのためです。

エストロゲンが減少することによって、血管が縮小し
血圧が上昇することが、更年期の女性の特徴になります。

そして、この血圧の上昇は「動悸」や「息切れ」といった
更年期障害における、典型的な症状につながる現象になります。

動悸や息切れの症状を起こしているものは
急激な血圧の乱れ(ほとんどが急激な上昇)や
血流が悪化し、酸素がうまく運ばれないことであり
心肺機能に悪影響を与えることによるものです。

男女問わず、中高年に起こりやすい動悸ですが
一瞬の動悸がきっかけで、命に関わることもあります。

頭痛やだるさに比べ、動悸は心臓への
直接的で大きな負担であり、それも重いものです。

特に心筋梗塞や不整脈の原因となり
それらの初期症状・前兆ともなり得ます。

血圧が高くなってしまったら

これらの症状が起きてしまったら、慌てず人が近くにいることを確認し
涼しいところで、安静にしておく必要がります。

寝てしまうことも危険なため、意識をしっかり保っておくことが大切であり
一瞬で過ぎ去らず長く続く場合は、周りの人に伝えること
また少しでも必要性を感じたら、早急に医療機関を訪れることが大切です。

少しでもリスクを減らしておく

動悸や息切れを防ぎ、起こった際の負担を減らすために
酸素が足りない状態や、心臓に負担がある状態に
体を慣れさせておく・リスク要因を小さくしておきましょう。

ランニングや走りこみによって、心臓や代謝機能を向上させてたり
血流を良くするために、味が濃いもの、特に塩分・糖分の摂取を控えましょう。

それらは結果的に、高血圧や動脈硬化の根本的なリスクの減少にもつながります。

高血圧は、お酒やタバコを嗜む人の多い
男性に多い症状というイメージがありますが
50~60代では、女性の割合が急上昇し
男性と同じくらいの高血圧患者がいると考えられています。