お風呂上りの立ちくらみが起きたり気持ち悪くなったりする原因とは

お風呂上りに「めまい」がしたり、頭が「ぼーっ」としたり
「動悸」と同時に、腕が「突っ張って」しまったという経験は
誰もが一度はあることと思いますが、年をとることによって
特に女性の場合には、頻度が多くなっているのではないでしょうか?

なぜ「お風呂上がりなのか?」という点については、
何となく理解されている方も多いと思います。

これらの症状は、症状そのものが危険であると同時に
転んで頭を打ってしまう、というような二次被害を起こす可能性もあり
正しい知識を持って、予防・対処する必要があります。

このお風呂上りの危険な症状には、

  • のぼせ
  • 貧血
  • 低血圧

主に以上の3つの要因が考えられます。

「のぼせ」のメカニズム

入浴の際の注意点といえば、「のぼせ」であることは広く知られています。

この「のぼせている」状態というのは
入浴によって、体温が上昇していることはもちろん

血管が開いたことによって、どうしても「ふわーっ」とします。

一方で、水圧によって「心臓」はもちろんのこと
血管に関しても圧迫されており、これは「高血圧」の要因です。

開いた血管に、速い・強い血流が流れることで
のぼせの症状は起きると考えられています。

お風呂上りのリスクは様々であり、要因に関しても諸説ありますが
結局は、体内で「ちぐはぐな反応」が起きるていることが根本にあります。

「貧血」と「低血圧」が起きやすくなっている

「貧血」と「低血圧」も、有力な要因であり
それぞれのぼせとも、無関係ではない症状になります。

「上がった瞬間」に起きやすいものであり、
その時、体内で起きていることを知っておきましょう。

まず「座っている状態」から「立ち上がる」ということで
脳内の血液・酸素が急激に低下し、
これだけで意識障害や、四肢の突っ張りの原因になります。

「脳貧血」と呼ばれる症状です。

また「のぼせ」も含め、血管・血液が関わる症状というのは
血圧が「正常ではない」状態において、リスクが高まります。

貧血かと思いきや「起立性低血圧」の可能性もあるのです。

特に女性の場合は、基本的に貧血の傾向があり
同時に高血圧と共に低血圧の方も多いため、中年以降より注意が必要になります。

この症状は、現実として加齢と共に増加するものであり
老人と言われる年代の方は「5回に1回」は起きる、とも言われています。

安全に入浴するための予防策

以上の症状を、予防するための対策というのは
これもまた極めて常識的なものであり、

  • 熱すぎる湯に浸からない(適切な温度)
  • 長風呂し過ぎない(何事にも適度があります)
  • 急に・一気に立ち上がらない

以上の3大原則を守りましょう。

加えて「かけ湯」をしてから・体を慣れさせてから入浴する
「飲酒直後の入浴は控える」といった、それ以前のマナーも大切です。

また貧血・高血圧という、根本的なリスク要因の解消が
何より重要であり「起きにくい」状態になっておくことが何よりです。

「入浴」というのは、あらゆる体の不調を解消するために
非常に有効な習慣であり、ぜひ「いい入浴習慣」を実践して欲しいものです。

しかしながら、リスクがあるものだということを忘れず
メリットがデメリットにならないよう、意識することも習慣化しましょう。

なぜ年をとると咳が続けて出るようになるのか?~なかなか止まらない咳の原因と対処法~

加齢によって、「より慢性的になってくる傾向がある」症状は多岐にわたりますが
その中でも「咳(せき)」というのは、何とも不快なものであり
自分が苦しいだけでなく、周囲もうるさいと感じてしまう不快なものです。

そしてこの咳が悩みとなる所以は、「我慢ができない」という点であり
自然と出てしまう・出したくないのに出てしまう、といった域を超えて

「どうしても我慢することができない咳を連発してしまう状態」

となっている人は多いようです。

特に「おじさん」に多い症状であり、咳が出てしまう根本的な要因に加えて
慢性的になっている・長く続いてしまう原因を解決する必要があります。

咳の原因はたくさんあるが

「そもそも咳って、どうして・なんのために出る(出す)の?」と考えた際には
おそらく「喉の辺りが不快な際に、リセットするため」と答える方が多いと思われます。

そして、その「喉が不快になる要因」こそが
咳を招いている根本原因であることは、多くの方が理解されるはずです。

一般的なものとしては、「ウイルス(細菌)」による粘膜の刺激が挙げられ
それらを排除するために、咳が出ることになります。

典型的な例とも言える、「風邪」を引いた際の前後・最中には

  • 喉に付着した細菌を追い出すため
  • 喉の炎症による不快感

という、2つの角度から咳が出ることになります。

また、風邪・発熱の他にも

  • 空気の乾燥
  • ハウスダスト(ほこり)
  • 花粉

といった、喉を傷つける要因・傷ついた結果として出る咳は
生理的な反応であると言え、原因が何であれそれほど違いがありません。

しかしながら、「おじさんの止まらない咳」というのは
一般的な咳とは、やや異なる要因によって発生していると考えられます。

加齢によって現れる咳の要因も

おじさんの咳(おばさんのの場合もありますが)の症状の特徴として
風邪やほこりといった、これといった明確な症状が見当たらないことが挙げられます。

もちろん免疫力の低下によって、咳を招く基本的な要因も招きやすくなっていますが
続く・止まらない特徴的な咳というのは、これまでになかった要因が影響していると考えられます。

そしてその要因とは、「喉の不快を感じやすい」という
「不快感」の角度からの、根本的なリスクが上昇したものと言えます。

喉の不快感による咳の、最も典型的な要因としては「痰」が挙げられます。

ただし絡んでいる痰を「切る」ための咳というのは、あくまで「意図した咳」であり

自分の意識ではどうにもならない、発作的な連続した咳に関しては他に原因があると考えられます。

「敏感になってしまった神経」が引き起こす咳

おじさん(おばさん)特有の、連続した・止まらない咳の症状は
その多くが気道に存在する、「知覚神経」が敏感になってしまったことによるものと考えられます。

いわゆる「からせき」と呼ばれているものであり、痰等を伴わないことが特徴的です。

  • 突発的に連続する
  • 一度出てしまうとしばらく止まらない

こういった症状は、からせきの典型的な症状と言えます。

「喘息」による咳と似ている面も多く、喉が刺激に弱くなっている状態です。

喘息の咳の症状とは、気道が狭くなったことで
刺激を受けやすくなっていることから、起きることが典型的な例。

気道内の知覚神経が、過敏になっている状態であり

正に「風邪の際の炎症を起こした喉」が、慢性的に発生していると言えます。

なぜ気道に存在する知覚神経が過敏になってしまうかと言えば、
表面を覆っている粘膜が、減少してしまっているからに他ならず
免疫機能の劣化の1つであるとも考えられ、ある程度が避けることができません。

特に「夜」に止まらなくなる理由

また知覚神経が敏感になってしまったことによる咳というのは
「夜」に出やすくなる傾向が見られますが、これは交感神経・副交感神経の入れ替えの際に
気道が狭くなることによるものであり、「寝つき」の際に出やすいのはこのためです。

また、

  • 飲酒
  • 入浴

といった習慣によって、血行がより活発になり
より神経が、敏感になっているためと考えられます。

咳を止めるための効率的な方法

咳を止めるために、最も効果的な存在はやはり「咳止め」です。

市販されている風邪薬の中にも、喉の炎症を抑えるものがありますが
おじさんの咳には、やはり咳止め専用の薬が有効と言えます。

ただし、「眠くなる」といった副作用を含むものもあり
また慢性的になってしまうは、ある程度避けることができないのであれば
やはり日常の中で、気軽にとれる対策が効率的と言えます。

そしてその際には、

  • お茶
  • のど飴
  • ハチミツ
  • 杏仁豆腐

以上の4つが特におススメと言えます。

おじさんの咳は、典型的な咳対策ほど効果的なものであり
それは「喉の粘膜の保護」という、根本要素が目的となるためです。

お茶で殺菌する

咳が出る・出そうな際の応急処置として、
最も手軽なものが「何か飲む」ことです。

これは「つば」でも効果があるもので、一般的には何らかの飲み物を摂取します。

そしてその際には、可能であれば「お茶」を摂取することで
低下した免疫機能を補う、殺菌効果を利用しましょう。

最近では、花粉対策や喉の不快感の解消を目的とした
専門のお茶も販売されているため、こちらもおススメです。

のど飴・ハチミツで粘膜を保護する

喉の違和感を感じた際に利用するアイテムの、定番中の定番と言える「のど飴」
加齢による粘膜の現象による咳にこそ、より効果的なものと言えます。

また、より健康アイテムを利用したいのであれば
滋養強壮にも優れた、「ハチミツ」の粘度による保護がおススメです。

ハチミツはそのまま舐めても効果的であり、またアレンジもしやすいメリットがあります。

漢方で喉を守る

「咳の痛みには杏仁豆腐が効く」ということは、最近になって広まったようですが
杏仁豆腐の主成分とも言える「杏仁」は、

  • 喉の炎症・痛みを抑える
  • 痰を切る

といった目的に対して、昔から利用されてきた漢方成分でもあります。

ただし現在では、杏仁をアーモンドで代替していることも多く
そのため、高級であるほど(本物の杏仁が使われているため)効果的と考えられます。

風邪・ウィルスによる咳が、そのほとんどであった若い時期と異なり
免疫力や神経といった、身体の根本機能が関わる中高年の咳こそ
「常識的な対処」が有効なものであり、弱ってきたパーツは守ることが改めて大切と言えます。